大きくならないシムランス ラグナ サンチェスと、コンパクツム2株の比較です。

スポンサーリンク
シムランス
スポンサーリンク

ども。

関東地方は年明けから快晴が続いて、いい新年です。

例年のことですが、高校ラグビー、箱根駅伝、大学ラグビー、高校ラグビーと、テレビ観戦しては飲んで寝てと、年末から引き続き不健康な生活を送って、そのまま仕事はじめに突入となる生活を送っています。

今日は、箱根駅伝のテレビ中継を見ながら、冬の多肉観察です。

スポンサーリンク

シムランス ラグナ サンチェス

学名:Echeveria simulans Laguna Sanchez

寒くなってから調子がよくなったシムランスです。

しかし!大きさは、去年の冬より小さい!!

メキシコの高地出身で、暑さは苦手なんでしょうか。そう言えば、夏に結構あぶない時期があったなぁ。

コンパクツム

学名:Pachyphytum compactum

多肉を育てはじめた頃から、無事に育ってくれている強いコンパクツムです。

子株が育って、2.5号鉢でいっぱいになったら、分解して株分けをしています。日光のよく当たる場所と、そうでもない場所に置いていたら、結構色に違いが出ました。

日のよく当たる所。紅葉しています。

あまり日当たりがよくないところ。まったく紅葉してません。

紅葉には、日当たりが重要であることが、改めてわかるコンパクツムでした。

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました