今朝の多肉。野生コロラータとコロラータブランディティとメキシカンジャイアントがそっくりになりました!

スポンサーリンク
コロラータブランディティ
スポンサーリンク

ども。おはようございます。

エケベリアでどの品種が一番好きか?と聞かれると困りますが、好きな品種を5つ挙げてと言われると、いつも入るのはメキシカンジャイアントです。他の4つは、紅葉の季節や私の育て方の状態で毎回変わります(ちなみに、そんな質問をされたことはありません…笑)。

そんなメキシカンジャイアントですが、下の写真のどの子かわかりますか?

左下がメキシカン、上が野生コロラータ、右下がコロラータブランディティです。全てコロラータ一一族ですので、似ているのは当たり前ですが、あまりにもそっくりでしたので、比較してみました。

スポンサーリンク

エケベリア・メキシカンジャイアント

学名:Echeveria colorata ‘Mexican Giant’

メキシカンジャイアントは、コロラータの選抜種と言われています。ジャイアントを目指しているのですが、ラウリンゼの巨大化の速度には及ばず、成長はゆっくりです。葉の形、ムッチリ感、粉を吹いた白い葉がツボです。直径30cmになると言われていますが、まだまだ先は長いです。

そんなメキシカンにそっくりだったのが…

エケベリア・コロラータブランディティ

学名:Echeveria colorata fa.brandtii

”brandtii”の読み方が難しいため、ブランディティやブランデティと呼ばれています。 正しくは、発見した、Brandt (ブラント)さんの名前からとったので、ブランティーが正しい読み方のようです。

ほぼメキシカンジャイアントと同じ姿ですが、メキシカンよりいいかも?ブランディティも好きになってきました。

エケベリア・野生コロラータ

野生コロラータです。おそらく普通のコロラータだと思います。原種コロラータなども流通していますが、流通名は、ホントややこしいです。

ただし、この野生コロラータの葉は明らかに徒長ぎみなんです。

参考)野生コロラータの以前の姿です。

コロラータブランティ…言い慣れなければ…。

よければ応援をお願いします。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
コロラータブランディティ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヨシをフォローする
スポンサーリンク
多肉格闘記

コメント

タイトルとURLをコピーしました