エケベリア・オレンジモンローとピーコッキーをテグスカットで胴切りにしました。

スポンサーリンク
胴切り
スポンサーリンク

ども。こんにちは!

コロナのおかげで、スポーツは全般的に活動休止となっており、6、7月に予定されていた、ラグビー日本代表対、イングランド、ウェールズ戦も延期になるようです。しょうがないですが…残念です。

今日は気になっていたエケベリアの胴切りを行いました。

スポンサーリンク

エケベリア・オレンジモンローの胴切り

オレンジモンローですが、私の育て方が悪いのか、すっかりラウリンゼです。モンローもラウリンゼも、同じラウイとリンゼアナの交配種のようですので、まあそうだよな。と思います。

参考)しかし、狩った当時の姿は、今とぜんぜん違います…

積み重なった葉が固くなり、見栄えも悪いため、テグス(釣り糸)を使って胴切りにします。葉と葉の間に、うまくテグスが入り込むように、ぐるっと1周テグスで輪をつくり、輪を絞り込んでカットします。

完璧は切り口!

エケベリア・ピーコッキーの胴切り

今はピーコッキーと言わず、デスメチアナに名前が統一されているようですが、ピーコッキーで狩った株ですので、私はピーコッキーと呼び続けています。

我が家のピーコッキーは、冬は寒さの影響を受け、外葉が枯れがちです。

一気にテグスカット!

これも見事!今日は、テグスの切り味?が良かったです。

胴切りすると、カットした元株(葉をいくつか残しておくといいです)に、子株がいくつもできるから、楽しいです。

一ヶ月前に、胴切りしたハルビンゲリにも、根元や葉の付け根から子株が出てきました。楽しみです。

よければ応援をお願いします。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
胴切り テグスカット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヨシをフォローする
スポンサーリンク
多肉格闘記

コメント

タイトルとURLをコピーしました